ディズニー英語システムの評判について

テレビ番組で、バイリンガルのお子さんが紹介されるニュースなどで、度々目にするディズニーキャラクターを使った英語教材「ディズニー英語システム」は、幼児用英語教材としてかなり知られています。

小学生低学年で流ちょうに英語を話す子供たちをみて、「わが子にも!」と高額な教材にも関わらず、初版から40年ちかくロングセラーの人気英語教材です。

実際に使っている方々の口コミを調べてみました。

 

この教材は子どもが小さければ小さいほど、効果があると思います。子どもと一緒になって遊べるお母さんなら、楽しく親子で英語が身につきそうです。3歳くらいになると、気に入る子と気に入らない子の差が出てくると思います。私の長男は当時はもうお気に入りの番組があったので、この教材には見向きもしませんでした。後はご両親がどれだけお子さんに英語を身につけさせたいか、という気持ちにかかっていると思います。

 

料金に関しては、みんながコメントしているように高いです。この料金がネックで購入できない人がたくさんいると思います。教材自体は本当にいいものだと思うので、もう少し値段を下げることができれば、もっと購入者が増えると思います。

 

楽しく英語を学ぶことができます。初めは英語がわからなくても、ビデオでアニメを見ながら英語を聞いたり、絵本を読んだり、トーキングカードで単語の発音を学んだりできます。リスニング力、発音、リーディング力などがバランスよく学ぶ事ができます。

 

長男が3歳、次男が0歳の時に購入しました。子ども達がテレビを見るついでに、英語もちょっとかじれたら、という気持ちで始めました。見始めて6ヶ月くらいしてから、入浴時に次男がDVDのお風呂のシーンを真似するようになりました。その当時は、まだパパ・ママくらいしか言葉が出なかったので、その次に英語が出てくるようになったのでびっくりしました。現在はやっていませんが、それでも子ども達は英語の聞き取りが出来るようで、セサミストリートなどの英語放送も問題なく理解しているようです。

 

各自で進めていくので、どのレベルの教材をどのくらいまで活用していけばよいか、最初はわかりにくかったです。初心者向けのイベントを段階に応じて行ってくれるので、そこで活用方法などを学びました。子どもを飽きさせずに進めていくことに難しく感じています。

 

日本語を覚える前から始めるので、感覚として身についた。日本語同様、文法など気にせず覚えられた。中・高で、他の科目は全くダメだったが、英語だけいつも偏差値70前後だった。

 

ただ気が向いたときだけなのにもかかわらず、身についているから嬉しいです。発音もいいと褒められました。もっと毎日取り組めば本当にペラペラになれると思ってます。教材を気に入った子は、結構ペラペラになれると思います。なぜなら会員向けのイベントに行ったら、それなりに喋れる子の共通点が、教材を好きで使いまくってるからです。ディズニーやってる子で喋れる子はゴロゴロいます。
引用元:みんなの英語のひろば

 

紹介した利用者のコメントをまとめてみると、「教材を始めるときのお子さんの年齢は、早ければ早いほど取り組みやすく効果もある」「教材にふれる時間を習慣化すること(毎日2時間など)」「「親子で楽しんで取り組むこと」「親が、教材の使い方・取り組み方をよく理解すること」「小学生高学年ころまで継続すること」が重要だとわかります。

教材には数種類あって、一式すべて買いそろえると100万円くらいするそうですが、当然購入するだけではだめで、幼児の頃から親子で楽しく英語にふれる時間を習慣化が必要です。小学校に上がるころになると、一人で英語の本を読んだりDVDを観ることで、ボキャブラリーも増えてきて、英語脳もどんどん育っていきます。

お子さんが小さい頃は、親のサポートが必須ですので、それができる家庭でないと、せっかくの教材も使いこなせずに終わってしまいます。

ディズニーが大好きなお母さまには、最適な英語教材ともいえます。

ただ、多くの方がコメントしてるように、大変高額な教材です。調べてみますと、中古品でも30万円などしますので、もっとリーズナブルならと残念にも思います。