バイリンガル教育

2020年度より施行される新しい学習指導要領によって、小学校3年生と4年生の英語の必修化、そして小学校5年生と6年生では成績を査定する教科化されることが決まりました。

日本での英語教育が早まることになりますが、中国やシンガポールでは、幼稚園、小学校から英語教育を取り入れて、教科書も英語で書かれた海外の教材を使用していますし、教師も英語のみで授業を進めていますので、どれだけの効果があるか不安を感じている親御さんも多くいらっしゃいます。

従来のような、テストのための英語でなく、子供たちが楽しく興味を持って英語を学べるカリキュラムになってほしいと願うばかりです。

自分の海外生活や、また日本に暮らす数多くの国際結婚の家族を見てきて思うことは、小学生までの幼少期に複数の外国語が話される環境のなかにいる子供たちは、非常に自然に簡単に2カ国語、3カ国語を習得していきます。また、言葉だけではなく、思考力や想像力、コミュニケーション力、社会性においても長けている傾向があります。

また、世界で一カ国語だけを話す日本のような国は珍しく、2か国語を話すバイリンガルや3カ国語を話すトリリンガルの人々は、大変多く存在します。

以前は、母国語の日本語に支障が出るため英語幼児教育を否定する考えもありましたが、母親と日本語で話す時間が十分にあれば、その心配はないでしょう。海外に住む日本の子供たちは、日本人家庭の場合、日本に住む子供たちと同じように話すことができますし、国際家庭では、母親が日本人であるほど日本語が上手に身についています。

バイリンガルや複数の言語をはなせることは、将来、自分の好きな仕事や趣味を持った時に、複眼的な物の見方ができる大きなメリットになります。

バイリンガルは、ごく限られた環境の子供たちだけではなく、日本の家庭でも十分再現できることがわかってきました。日本にいながらお子さんに英語が話せるようになってもらいたいと願うご家族のために、役立つ情報を発信していきますので、少しでもお役に立てたら幸いです。